相続税について控除の種類などの知識を、詳しく丁寧に解説するサイト『相続税を学ぶ』
相続税について控除の種類などの知識を、詳しく丁寧に解説するサイト『相続税を学ぶ』

相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合にかかる税金です。
相続とは、民法で定められている法定相続人が財産を取得した場合をいい、遺贈とは遺言
によって相続人やその他の人が財産を取得した場合をいいます。
遺言によって財産を与えた人を遺贈者、財産をもらった人を受遺者といいます。
この相続税には基礎控除があり、遺産の評価額が基礎控除の金額以下であれば相続税は発生
せず、税務署に対する申告も必要ありません。
評価額が基礎控除を超える場合でも、申告をする事によって使える税務上の特例によっては
相続税がかからないケースもあります。
難しい言葉もよく出てくる相続ですが、当サイトでは相続税について解説をしていますので
よかったらお読みになってください。

http://www.y-taxoffice.com/
相続・節税・会社設立は愛知県岡崎市、名古屋市の税理士法人エスペランサへご相談ください。
相続相談予約:0120-352-110
起業・税理士変更相談:0120-099-154

約5%の人

相続税がかかる人は、全死亡者の中で約5%の人だといわれます。つまり、ほとんどの人は相続税を納める必要はないといえます。

遺産総額

まず、相続される財産の評価をします。評価とは、土地の値段や家屋の値段を決めることです。

配偶者控除

配偶者が相続する場合、相続する遺産額が1億6000万円までか、1億6000万円を超えていても配偶者の法定相続分までならば相続税はかかりません。

相続税の申告

相続や遺贈によって財産を取得した場合には、被相続人が死亡した日の翌日から10ヶ月以内に被相続人の住所地の所轄税務署長に申告し、納付しなければなりません。

申告書の提出義務者

遺産の総額が基礎控除額を超える場合に、相続税額の計算を行ったときに納付すべき税額がある場合は、相続人又は受遺者は相続税の申告書を提出する必要があります。

正味の遺産額

遺産総額から非課税財産や借入金などの債務、埋葬費用を引いたり、3年以内に贈与された財産の金額を足したりします。